Entries

TAIRAからみなさんへ

TAIRAです

みなさんいかがお過ごしですか?
イベント自粛や世界情勢の日々のニュースに、誰もが不安を感じてしまう状況だと思います。

それでも季節はめぐり、やがて春が来ます。
だから不安が解消されて、またみんなで笑い合える日も必ず来ます。

だからちゃんと前を向いて、未来を見て、進んでいきましょう!

とるるもこんな時だからこそしっかりこれからのことを考え、
みなさんにちゃんと告知ができるようにメンバーで話し合ってきました。

三月から四月になるこのタイミングは、新しいことをスタートさせる時期でもあります。

なのでここで新しい告知があります!!

これまで「くうねるとるる」というラジオ番組をラジオ石巻さんのほうで放送させてもらっていました。

放送時間等は変わりませんが、四月から番組がリニュアールします!!

「くうねるとるる」改め、

「ぎたりすとるる」

という番組が始まります!!

読んで字の如く、ギタリストのマサキとユキの番組です!

番組内容に関しては二人から後日改めて告知があると思います。


その告知がまず1点、そして本日はもう1点報告があります。


それを伝える前に、まず少し話をさせてもらうと、


「とるる」というもののあり方についてです。



前にも何度か話しているのですが改めて。



そもそもとるるというものは俺とマサキが始めたユニットで、

それをユータとユキが手伝ってくれています。



でも俺は正直そんなところはどうでもよくて、



みんながメンバーだし、みんなで音を出しているし、

俺にとってみんなが大切な友人なんです。



だからそのメンバーでやるとるるにはルールがあって、

「楽しくやろう」ということと「無理はしないでくれ」ということです。



だから俺は何かある度にそれを伝えて、それぞれの意思を確認してきました。


俺には夢があり理想があり、それを叶えるために動いていきたい。

マサキは自分がいいと思う音楽で上にいきたい。

ユータとユキはできる範囲でその手伝いをしてとるるを楽しみたい。


そんなそれぞれの思いでとるるは成り立っています。


だから俺はいつもユータとユキには、

遠慮をする必要なんてないし、

無理をする必要もない。

と、そう伝えてきました。


バンドメンバーであると同時に大事な友人でもあるので、

これからの自分の人生や生活を優先する時が来たのであれば、

そこは迷わず判断してくれてくれと伝えてきました。


そんな中でユータとユキは最大限の協力をしてくれたし、

そんなみんなでやってきたのが「とるる」というバンドでした。

ここまでが「とるる」のあり方です。


そしてここからが、最近話し合ってきたものを順を追って説明します。

色々なとらえかたがあるとは思いますが、やっぱり俺は、

とるるを応援してくれているとるるっ子にはちゃんと伝えたいので。

嘘偽りなくちゃんと伝えます。


まずとるるは先ほども言ったように手伝ってくれている二人には、

無理なく楽しくをモットーにしてと伝えてきました。


ユータが結婚した時も子供ができた時も、

ちゃんとメンバーにしっかりと報告してくれました。

だからこそ俺が伝えたことは、もちろんちゃんと家庭を優先してくれて構わないということでした。


いつになるかは分からないけれど、またどこかのタイミングでとるるライブができるなら、

その時はこのメンバーでライブをしよう。

だから今は無理して予定を合わせる必要はない、

ユータは自分の家族との生活を大事にしてもらったうえで、

とるるに対して「申し訳ない」なんて感じる必要も無い。


「無理なく」「楽しく」

それがとるるのあり方なんだから。


それでもユータはできる限りの協力をしてくれてきたし、

ユキも全力でとるるに協力してくれてきました。



だから俺はそこに甘えることなくひとつの提案をしました。


「とるるはとるるで解散なんてせずに、メンバーみんなのタイミングが合う時に活動しよう」と。

ただ、俺には叶えたい夢や、見たい景色もたくさんある、

だから「とるる」とは別に、まったく違うユニットを作ろうと。

マサキと二人のユニットであれば二人が予定をすりあわせればライブも可能だし、

とるるとは全く違う曲をやるのであれば「とるる」との棲み分けもきっちりできている。


そんな俺の提案にメンバーはオッケーと言ってくれました。


ユータとユキは「とるる」も、新しいユニットも応援すると伝えてくれました。

そこでこれまで新しいユニットをマサキと準備してきました。

俺の新しい提案も、まとめた案にも賛同してくました。

同じ方向で進んでいると思っていましたが、


ただマサキはマサキなりになにかを感じていたのかもしれません。


こういう曲のイメージで、とかこういう雰囲気で進めよう、
そう伝えたものが中々伝わらなかったある時、改めてもう一度気持ちを尋ねた時に少し最初とは違う意見でした。

語弊はあるかもしれませんがマサキは、


新しいことをやろうとはしてみたのだけれど、

やっぱり自分がやりたいことを曲げてまで、

それをやるのはどうなのかと思う、


という意見だと俺は受け取りました。


もしかしたらマサキには無理をさせてしまっていたのかもしれないと率直に感じました。



そのあと、腹を割ってぶっちゃけトークを改めてメンバーとしました。


一部始終ではなく俺の感じたまとめなのでみなさんに違うニュアンスで伝わってしまうのかもしれないのですが、
その時は申し訳ありませんがそれでもまず聞いてみてください。

俺はどんな形であろうが自分が理想とするもの、求めるもののために動いていきたい。
とるるでそれができるのであればなにも言わないが、今はとるるでそれができる状況だとは思わない。
ただそれはとるるやメンバーが嫌いになったというわけではもちろんないわけだから、
とるるというものを存続させたうえで、自分が行きたい場所のために動かすユニットを始めたい。

これが俺の意見です。

そして、

最初はそういう考えもありだと思ったのでタイラの案に乗ってみようと思ったが、
新しい曲を作ろうとする中で、とるるの曲が本当に良いと思っているのになぜ別な曲をやらなければいけないのか。
それを考えているうちに出た結論が、これまでに作ったとるる曲をこれからもやっていきたいというもの。
だからタイラの意見とは違うのかもしれない。
やりたくないことをやってまで進みたいとは思わない。

これがマサキの意見だと俺はそう解釈しています。

それに対してユータは、
形はどうあれ上を目指してほしい、そのために協力できる部分はしてきたしこれからももちろん協力する。

という意見をくれて、
ユキ君も、

もちろん二人の意見を尊重したうえで、やっぱりとるるが好きなのでそこもちゃんと続けたい。
という意見ももらえました。



色々複雑だったし、ムカついたこともあるし、考えもしましたが、

ひとつ言えることは、



本当にみんな

「とるる」というものを

好きでいてくれるんだなって



ちょっと感慨深いものがありました。




そこまでとるるというものが、

みんなの人生の中で意味を持つ存在になってくれていることに

本当に感謝しています。




俺もとるるは好きです。

今まで生み出してきた曲を聴いてくれれば、

そりゃそうでしょって思ってくれると思います。



それと同時にとるるは「楽しい」雰囲気というか、

そんなゆるい感じと言うか、

それが「とるる」だとも正直思います。




そしてそこが好きで「とるる」をこれまで応援してくれてきた、

とるるっ子のみなさんには、



本当に感謝しています、




嘘じゃないです。





だから、前も言いましたけど、








解散はしないです。








それがとるるを好きで応援をくれている人への感謝や誠意の表れでもあります。



今までありがとう、そしてこれからもとるるを応援してあげてください。



またみんな笑顔で「とるる」やれる日が来たらそれはとても楽しいだろうと思います。

俺が笑顔でとるるをやれるようになるためには、

俺の理想や求めるものを実現させなければなりません。

だから俺が今やるべきものは「とるる」ではないのだと思います。

ちゃんとアーティストとしてボーカリストとして理想を現実に具現化して結果を出せるまでは、





ソロ名義としての活動をしていきたいと思います。






それでちゃんと結果を出せたら、

とるるっ子のみんなと、とるるのメンバーに、


「とるるでライブやらない?」って声をかけたいと思います。



俺が大きいところでやれるようになったら、

その時は俺がみんなを迎えに行きます。





勝手ではありますが、それまでとるるのTAIRAとしての活動をメインにするのではなく、

ソロ名義での活動をメインにさせていただきます。


ラジオもライブも「とるるのTAIRA」としての活動はしなくなりますが、


いつかみんなやメンバーと一緒にすごい景色を見たいと思っています。




よろしければ、みなさん、

俺のソロ活動を応援して支えてください。



そうしてもらえることが、今の俺の力になります。



あと、


さっき言ったようにとるるメンバーそれぞれも、

それぞれの思いと、

それぞれのペースで、

活動していくと思います。




俺の次にメンバーへの応援にも力を注いであげてください(笑)





いつかまたみんなで笑顔になれるように、



俺がみんなを胸を張って迎えにいけるように、





これからも応援をよろしくお願いいたします!!





sweet little devil Vo TAIRA

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する